Everything happens for no reasons.

また来ます。

b0143709_22541699.jpg



そこは、あたたかい。
そして少しだけかなしい。
炎天下で突然めまいがして視界が暗くなるときのように。


彼女の魔法にかけられたお皿を平らげる。
彼とパン越しに会話する。
雑貨と天井をぼんやり眺める。
じゃあ、またきます。と言う。


その「また」がどんなに先になっても
「また」が二度と来なくても。


帰りの電車は
なぜかいつも、ぐったり眠ってしまう。
夏のプール後みたいに。
[PR]
by dandelionism | 2009-09-29 22:55 | I THINK