Everything happens for no reasons.


雨がたくさん降る

人は濡れることが嫌いだ
だけど水の中に体を入れることは好きだ

いつから人は雨に濡れるのをいやがるようになったんだろう
雨に濡れて何が困るんだろう
濡れた服は着替えればいい
冷えた体はあたためればいい

濡れた姿は美しい
髪の毛がからだに張り付いても
その人がその人である限り美しい
仮に化粧がはげたとしても
あらわになったその人の本来の姿は
嘘がない


大粒の、地面を殴るような雨
世界を撫でるような、細かな粒の雨
世界を消してしまうような、長く太い線の雨


いつから人は雨が降ることを望まなくなったんだろう
雨の何が厄介をもたらすのだろう
したくないのにしなければならないことをしているから
いくつかの手間が増える雨に
人は八つ当たりを始めたのかもしれない

雨が降って海に行けなくなったのなら
明日行けばいい
今日は家で
自分の手足がどんな形をしているのか
自分の肌の色がどんな風に輝いているのか
いつも一緒にいる人が
どんな唇の形をしているのか
まじまじと眺めればいい

b0143709_1841954.jpg

[PR]
by dandelionism | 2011-06-10 18:03 | bigisland