Everything happens for no reasons.

20110727



何もかも捨てて自分探しの旅に出よう、とか
あったかい楽園でのんびりしたい、とか
そういうことじゃなくて

今思えば
「4月1日付、ハワイ島異動を命ずる」という辞令が下った、
というのが一番しっくりくる。
日本を出ることになったいきさつを表現するなら。


うるさいくらいにハワイ島から呼ばれてる、ああ、行かなくちゃ、
そう思いながら持物や身辺の整理をしていた。

とにかく今年は冬から遠く離れてすごそう、という発想は
突然の辞令を受けた後に、それを無理なく受け入れる切り札になった。


ハワイでの生活は
チャレンジや克服や解放という決して楽でないことも含めて
何もかもが体にしっくり入ってきた。
食べ物や友人を恋しく思うことがあっても
体がハワイから離れたがることはなかった。


ハワイとの密な交際が猛スピードで進展して行く裏で
同時に進行していた冬とのかくれんぼは
ハワイを堪能した後
真夏のクリスマスをオーストラリアで迎えて
蒸し暑い旧正月をバリで過ごして終わりにした。


正直、予想以上に体力のいることだったし
思ったより長丁場だった。



ただ生きる、その場所に
もう一度ハワイを選んで戻ってきて
半年近くが過ぎた。

毎日、同じように見えて全く違うことが繰り返されて
澱がたまっても、涙が流れても、炎のように怒り狂っても、
朝がきて太陽が昇れば
何もかもが水に溶けてなくなって
美しい瞬間が次々に訪れる。
昨日より今よりさらにもっとゴージャスな景色と瞬間が迫ってくる。

それを、体がやっと自然に理解し始めた。
やっと呼吸が整い始めた。


b0143709_1221471.jpg

[PR]
by dandelionism | 2011-07-28 12:21 | I THINK