Everything happens for no reasons.

カテゴリ:bigisland( 16 )

cahnge


失ったと思うと
身がちぎれるように痛い

変化だと思うと
少し受け入れやすくなる

だって
ずっと同じであるものはないし
その先にはあるべき姿やいるべき場所が待っているのだから


それでも
その変化が身体になじむまでの過程は
きつい

わくわくするように見える変化も
実は足が地面から離れてたり
気合いが入りすぎてたりして
実は体の中が不安でいっぱいだったりする

走って戻って拾い上げて
元通りに戻したいような変化でも
実は体の中から言い尽くした不満や使い古した嫌悪が
流れ出て行って
どんどん軽くなっていったりする


自分がどの過程にいるのかだけ見ていれば
あとはなるようになる
[PR]
by dandelionism | 2012-03-23 22:48 | bigisland

理由


理由が欲しい、時がある。

起きている事実だけが真実で
理由なんか分かってもその真実は変えられないと分かっていても
行き場のない気持ちを受け止めるために
欲しい、と思う時がある。
[PR]
by dandelionism | 2012-03-22 19:57 | bigisland

cant help it


英語は端的で
結論重視で
歌の様で
キャッチボールでいいのだけど

それを使って生活する人たちの
自由奔放さや無秩序さに食傷気味なのと
はっきりと理解しきれない
もやもやの中に常にいなければならないのとで
少々お疲れです


できないことを受け入れながら
生活するというのは
なかなか苦しいもんです

無口にもなるよ。。。


こういうときは褒美じゃ褒美。

b0143709_1765217.jpg

[PR]
by dandelionism | 2011-09-01 17:06 | bigisland

言葉が


最近、文章が重い。
それは、自分が重いからだ!!

もっと跳ねるような言葉も
色付きの言葉も
刃のような言葉も
出てくるはず。

言葉で
歌って 描いて 作って 壊して
撫でて 触れよう


b0143709_1783972.jpg

[PR]
by dandelionism | 2011-08-28 17:10 | bigisland

点と線


昔から新しいことを学ぶのは
わくわくする

今まで知らなかったことと
今まで知ってきたことの間に
共通点を見つけたり
それぞれがより深く理解するための手助けをしたり
そして点と点が線になり
自分の世界は広がっているようで
実は遠く遠くへ向かっているというよりは
同じ場所でただ深く濃くなっているということに気がついて

気がついた瞬間に
さらに自由になったような軽さが訪れる


汗をかいて声をだして体に入ってくるフラ
指先と全神経で土と会話する陶芸


そのさきに繋がるものが
また楽しみだ
[PR]
by dandelionism | 2011-08-27 17:28 | bigisland


最近、午前中は雨。
わりと肌寒い。

昨日は日差しが強かったから
海に入った。
でもやけに水が冷たくて
すぐあがった。
風が強かったからかなり波も高かった。


海はいろんな要素で出来てるから
さっぱり理解出来ないな、と思いきや
慎重に観察するととてもシンプルなのだ。
ただ、正直すぎて手加減してくれないから
適当に付き合っちゃいけないということ。


たとえ悲しんでても苦しんでても
自分に正直な人といるのは気持ちがのびのびする。
見ないふりをしたり、自分の気持ちをごまかしている人といると
苦しくなる。

つまり
自分が自分に嘘をついている時に
私も人を不愉快にさせてるんだろう。


いつか男の子が生まれたら
海、という名前をつけようと思っている。
[PR]
by dandelionism | 2011-08-17 06:20 | bigisland

do what you want


しゃきっとした朝の匂いをかぎたいから
散歩に出る
ぱきっと青い空が広がってるから
泳ぎに行く
窓から入ってくる風が蜂蜜みたいだから
目を閉じる


まぶたも体も重たいから
体を横にする
お腹がぺこぺこだから
しっかり食べる
そばにいたいから
手を握る
猫が見てるから
見つめ返す



昨日立てた予定は関係ない
明日やることは明日考える


今、やりたいことだけ
やる

b0143709_181227100.jpg

[PR]
by dandelionism | 2011-08-09 18:12 | bigisland

雰囲気


ここ二ヶ月ほど
近くの図書館で借りた
日本語の本ばかり読んでいた

日本にいる頃から
夢を英語で見ていたけど
最近、日本語の夢をまた見るようになってきた

思うところがあって
またふとここから消えて
新しい場所へ行ってしまうか、と
ほんの少し企んでもいた

だから
昨日、久しぶりにあった人に
「日本帰るの?日本仕様に戻してるの?」と言われて
どきっとした。


なんて分かりやすい人間なんだろう、私は。


旅心は、ひとまず落ち着いた。
でも、最近あたまにちらつき始めたその場所には
かならず行くことになるはず。


ハワイに来たときのように。
[PR]
by dandelionism | 2011-08-06 18:22 | bigisland

絵の具

Maunakeaの後ろに夕陽が沈んでいくのを
バイクを道ばたに停めて眺める

雲ひとつなく
くっきりと山の輪郭が見える

太陽はもうすっかり山の向こう側に
太陽から遠い場所は
空は薄いピンクと水色の縞模様に
太陽の近くは
ピーチオレンジに染まっている

ぼんやりとオレンジに染まった空に
くっきりとココナッツの木が黒く浮かび上がる


甘くて完璧でこの世の何よりも美しい
その光景をただ眺める
どれくらいの早さで時間が過ぎていってるのか分らなくなる
さして長い時間そこにいるわけじゃないと分っていても
もうすごく長い間ずっとこうしていたんじゃないかと感じる

思考が少し宙を舞い始める
b0143709_17333981.jpg


そうすると
ふと気づく


空の色がある瞬間にがらっとかわったことに

温かさはもうどこにもない
太陽が去った後の空は
黄色と紺色で
くっきりと夜が始まっている
[PR]
by dandelionism | 2011-07-23 17:33 | bigisland

in pain


ちいさな痛みは
いつでも大切だ


自分の限界を知るために
自分がしていることを正確にしるために
自分が信じている以外にも
道があるということを知るために

まだ生きているということを
感じるために


どれだけの期間で
その痛みが去って行くかを知るために
その痛みを抱えている間の感覚と
それが去ってしまった後の感覚の違いを知るために
[PR]
by dandelionism | 2011-07-19 16:38 | bigisland