Everything happens for no reasons.

カテゴリ:West Australia ( 3 )

missing it

夜中に、
眠りのしっぽをつかみ損ねて
「ああ、このまま行くと朝がくるな」っていう
確信を持ちはじめたとする。


神経を鎮める呼吸をしてみたり
そういうヨガのポーズをしてみたり
あたたかいお茶を飲んでみたり

そうやって神経が落ち着けば落ち着いていくほど
眠れないときというのはある
落ち着いてると思っていても
何かにふりまわされているんだろう


そしたらもうあきらめる
でも電気はつけない
なるべく体内時計は狂わせたくない
ただひっそりしていたい

夜の静寂が
鳥の声で破られたら
生まれたての空気の中に全身を投げ込むために
外に出る

眠って起きた時に感じる
新鮮さとは違う、
それでも新鮮だと認識出来る朝を
ぼやけた感覚の体で受け止める


自分の体がどうであれ
朝日は世界のどこにいても
何度見ても
the best in my life ever
b0143709_17293862.jpg

[PR]
by dandelionism | 2010-12-17 17:21 | West Australia

手にしたもの


毎日何があってもヨガに向き合おうとする気持ち
あの人の笑顔のためなら全てを差し出したいと思う彼からの言葉のプレゼント
海より深く岩より強く桃のように甘い愛
creativeでcoolなfriends
行く先々で出会う人たちとのセッション
歌を歌い、絵を描き、踊り、全魂を注いで料理を作れる心と体


つらかったかもしれない
苦しかったかもしれない
まだまだ泣くかもしれない
まだまだ怒りに震えるかもしれない
ふと死を2秒後に期待するかもしれない


たくさんのものが手元から流れ落ちていった
だけど手に入れたものがある
自分には見えなかったとしても
光り輝く砂の粒が体中にまとわりついている


ただ存在している、それが
どれだけ貴重で稀有で美しいかを知る旅を続ける

ぴかぴかに磨いておこう

羽のように軽く
絹のように柔らかく
音楽のように自在に
胡椒のように鋭くなろう


b0143709_1827974.jpg

[PR]
by dandelionism | 2010-01-29 18:16 | West Australia

What made me so frustrated?

b0143709_18454774.jpg


ずーっといらいらしていた
ずーっと理解出来ないでいた
知らない土地のせいにしたかった
食生活のせいにしたかった
オーストラリア人のせいにしたかった


答えは、彼だった。

私が日本にいない理由。
遠く遠くへとやってこなければならなかった理由。
この苦しさ、辛さは、説明が出来ない。
だから他人に理解は出来ない。
どれだけの涙を流して
どれだけ叫んでここに立っているかは
誰にも分からない。


気がついた。
私は彼を殴ってやりたい。
なぜだ、どうしてだ、と責めてやりたい。


それでもひょっこり出てきたら
思い切り抱きしめてやる

海外生活も新しいボーイフレンドも
何もかも放り出して
三茶に飛んで帰ってやる
ポッキーと焼きたてのパンとうどんでお腹いっぱいにしてやる
葉山に一緒に行って
運転してるときにもちもちのおなかをつまんでやる

そして、さっさと帰れ、消えてしまえと投げ飛ばしてやる
どんなに謝っても、許してやらないふりをしてやる


どれだけ愛されてたか
どれだけ愛してたか
知っているから
懸命な運命と選択だったと心の底では分かっているから
さんざん悪態ついたら
そっと寝かせてやる
[PR]
by dandelionism | 2010-01-19 18:33 | West Australia