Everything happens for no reasons.

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ひなたぼっこ


屋上でひなたぼっこ


気がついたらお互いに
何も喋らないで
目を閉じてて
ただ身体がぽかぽかさせてた


b0143709_15522.jpg

[PR]
by dandelionism | 2009-10-29 01:05 | friends

air


ituneのラジオは
ただ音楽が流れるだけなので
「あ、この曲いいな」と思っても
誰のなんていう曲か分からない。



[PR]
by dandelionism | 2009-10-22 23:04 | music

Music is just as good

b0143709_2274356.jpg



月曜日は
頭と心を解放する日。

掃除をする。
洗濯をする。
屋上で座る。

何でもない静かな動作の途中で
「あの先生が言ってたのはこういうことだったのか」とか
「あのポーズとこのポーズをつなげたら面白いかも」とか
ふと頭に湧いてくる。


そして、月曜夜のクラスは
他の曜日とはテイストが違うから
別の角度からヨガが楽しめる。


何がいいって
かける音楽がいい。
ヨガだからってインド音楽じゃなくてもいいと思うのだよね。




[PR]
by dandelionism | 2009-10-19 22:10 | music

What a pity...

b0143709_230139.jpg



今日、
男の子がひとりスコットランドに帰って行った。

朝早くにたまたま会ったので
お別れの握手をした。
I hope everything would be ok.と彼は言って
空港に向かうタクシーに乗った。


キッチンに
「ハーゲンダッツのアイスを冷凍庫に置いていくよ。
 食べかけだけどだけどね。ハハハ」というメモが残っていた。


晩御飯を食べていたら
スイス人の男の子とベルギー人の女の子が
冷凍庫を覗き込んでガサガサしていた。

ハーゲンダッツのアイスが見つからないらしい。

「もう誰かが食べちゃったの?」
「でもあのメモ書いたの昨日の夜でしょ?ありえないよ!」
とか言いながら。


「もしかしてジョーク?」と男の子が言う。
「だとしたら最悪なジョークだわ。That's too painful!!」と女の子。
二人は諦めてテーブルに置いてあったチョコレートを
溜息つきながら食べてました。


ちょっと微笑ましいキッチンでの出来事。
[PR]
by dandelionism | 2009-10-14 23:10 | friends

くたくた


昔、
寄せ鍋をしている最中に
眠ってしまったことがある。


二回目の具材投入して
ちょっと待ち時間っていうタイミングで。


おなかがいっぱいだったのと
寒い日ですでに体力を消耗していたのと
なんだか安心しきっていたのと


今日も
代わりに誰かご飯食べて。
って言いたくなるくらい
眠い。


それだけ気持ちが
緩んでるのか、
もしくは何にも考えたくないだけなのか。
[PR]
by dandelionism | 2009-10-10 21:05 | I THINK

おみやげ

b0143709_2235137.jpg



最近、予期せぬお土産をもらいました。

ひとつは
はるばる香港からお茶。

もうひとつは
「お店で見つけてかわいかったから」と
ヘアゴム。



前にも同じようなこと書いたけど
自分の知らないところで
自分のことを一瞬でも思い浮かべて
何かを選んでくれてる瞬間が
存在したってことは
結構私にとっては感動です。
[PR]
by dandelionism | 2009-10-05 22:04 | friends

Can you do me a favor?

b0143709_22533638.jpg


本当に本当に苦しいときは
どんな言葉より
体温が一番信じられる。
心を緩めてくれる。



Can you cuddle me for a while, please?
[PR]
by dandelionism | 2009-10-04 22:53 | friends

PINK

b0143709_22544862.jpg



10月1日。

お鮨にも
映画にも行かなかったけど


朝は友達と太陽の下でヨガをして
夜は師匠のヨガのクラスを受けて気持ちよくなって
帰りにピンク色の東京タワーを見に行った。




前回の新月の夜、
次の彼氏の条件を紙に書いてみた。
やりたいことは口に出した方が実現に近づく、的な
視点から。


外見、食生活習慣、
服の趣味、考え方、靴下のこと、ありとあらゆることを書いてみた。
今まで出会った男の人全員を思い浮かべて
それぞれの素敵なところを
全部書いてみた。

こんな人、いるわけないよ、
と思いながら
紙の上ならいくらわがままを言っても構わないし、と
ウキウキしながら書いた。


次の日に
読み返してみたら
ほとんど彼だった。



私は、幸せ者だ。
[PR]
by dandelionism | 2009-10-01 22:57 | happy